294x289
犬と猫の徒然日記&時々変な自作自虐漫画
シルクステビア
フリーエリア

育成ゲームならmeromeropark
blogram投票ボタン

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

お知らせ

wanlife

bbsの投稿用PW:294bbs

カテゴリー

最近の記事+コメント

リンク

Lc.追いタイトル

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくさんの憂鬱。
にゃぐさんが来てから、そこはかとなく憂鬱なつくさん。
にゃぐそのものが嫌いなわけではないんだけど、我家の愛情独り占め
蝶よ花よのお姫様の地位がヤバヤバだと思っているらしいw
蝶よ花よと育てた覚えは無いんだけど?どちらかと言えば腸よ鼻よ?
何を勘違いしたかワカランのだけど、とにかく世界は自分中心であると信じて生きているw
なので、憎いわけではないけど、にゃぐさんに対するヤキモチは増長するばかり~。
にゃぐさんの『にゃ・・・』と呼んだだけでわわわんー!と割り込んでくるし。
時にはにゃぐさんが床に降りようもんなら追いかけ回す。
そのせいで、ですっかりにゃぐさんの生息地帯は高い所(ソファーより上)を余儀なくされてる。
でも、おかげでにゃぐさんは私達の常に側に居る事になり、スリスリしたり、抱っこしたり。
益々面白くない状況に自らしてるって事に気が付かないつくさん。
犬と猫ではその性質の違いでどうしても対応が違ってしまう。
つくさんは家族であり、外にも出るので社会性が必要だし
家の中でもルールとか、躾け的な条件付けの行動が必要になる。
その点、猫はフリーな部分が多い。
常ににゃぐさんにポールポジションをキープされてるので、不利を感じるつくさん。
ご飯の支度(人間の)を始めると今までは自分が
頂戴頂戴アピールをするだけだったつくさん、今は私の足元で
スリスリしながらおねだりするライバルを追い払わなければならない。
油断するとソファーを乗り越え、テーブルに脚をかけ
美味しい物に急接近されてしまうからw
『にゃぐさんからご飯を守る』がヤキモチ以外でつくさんがにゃぐに吠えるツボのひとつ。
つくさんは自分のご飯と信じ込んでるようだけど、いくらけん制したって
つくさんのご飯じゃないんですよ?
つくさんが吠えてにゃぐさんをタワーに追い払ってくれるおかげで
私達のご飯は無事なんですけどねwww
そんなこんなでヤキモチ妬きのつくさん、心中穏やかでないのが
にゃぐさんが私と一緒に寝てる事。
永年の習慣でつくさんはベッドに上がらない。
基本的に一緒に寝る事はNGと思っていたし、つくさんもベッドは落ち着かない様で
自分からは決して上がろうとしない。
強く叱った事も無いけれど、高所恐怖症なのか
ベッド、ソファには上がらないと自分で決めているようだ。
なので、にゃぐが高い所を生息地としているのは気にならないと思っていたんだけど
人とベッタリしているのはこれはまた別らしく・・・。
我慢してたんだろうね・・・にゃぐばかり可愛がってる!って思っていたんだろうなぁ。
ベッドににゃぐが居るとジョーズかって言う位の大迫力で
『ガウガウー!』と下から飛び出して脅す。
『アンタばっかりずるいんじゃー!!』とでも言ってるかの様な形相でw
もう上半身完全にベッドに乗ってるんだけど、かろうじて踏みとどまっていた。
先日、勢い余ってつくパパのベッドに登ってしまったつくさん。
最初は『しまった』と言う感じでウロウロしてたんだけど
乗ってしまったものは仕方ない~とどさくさ紛れにドカッと寛ぐ。
パパに『降りろ~』と言われると素直に降りるんだけど、もう一度乗ってみたりしてw
そして昨日もそれに味をしめて、ベッドで丸くなってるにゃぐさんを
撫で撫でしている所に毛の生えたジョーズ襲撃の時、またしてもベッドに乗っかる~。
にゃぐさんをクンカクンカ嗅ぎ倒し、自分も撫でろ~とドカっと寝転がる。
にゃぐさんも多少ビビリながらも逃げる事無く。
にゃぐさんも大物だねぇ~。
右手でにゃぐさん、左手でつくさんを撫でながら何だか幸せな私。
つくさんとにゃぐさんお互い鼻をつき合わせながらチューでもしてるみたい♪
お互い認めてる所は認めてるんだよね~。
つくさんの自己顕示欲がもう少しユルかったら
毛玉同士、もう少し仲良くなってたかもしれない。
にゃぐさんがおっとり君な分、こんな瞬間もあるんだろうな~。
毛玉達が一緒に甘えてくれる時間がもっと増えると嬉しいな♪
まぁその為につくさんがベッドにあがる事も少しは許してしまいそうな今日この頃w






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。